•  

    お葬式

    法事・法要

    介護・施設

    ライフサポート

    お墓・埋葬

    ペット供養

    供養

    仏壇・仏具

    相続

    遺品整理

    お問い合わせ

9:00〜18:00

お墓情報サービス

お墓・埋葬

072-258-2531

お墓の悩みは

生前にスッキリ解決!

あたなに最適なお墓(埋葬先)は?

お墓の相性診断

スタート

埋葬の基礎知識 ①

お墓の分類(いろいろなお墓)

type 1

一般的な石墓(個人墓・家族墓)

  • 寺院や霊園などの「墓地」に建てる石製の墓標のこと
  • 家族を埋葬する「家族墓」と個人専用の「個人墓」がある

△ デメリット

費用が高額(平均150万円程度)

郊外で交通の不便な場所が多い

将来の移設(改葬)などが面倒

管理(掃除・草引きなど)が大変

○ メリット

大きさやデザインなどを自由に設定できる

家柄を象徴することができる

親族の絆の要として機能しやすい

type 2

合葬墓・合祀墓(共同埋葬のお墓)

  • ほとんどが「永代供養つき」であり、永代供養墓とも呼ばれる
  • 近年一番ニーズの高い、費用対効果を感じやすいお墓

改葬(遺骨の取り出し)は不可能

先祖代々のお墓のイメージはない

△ デメリット

ほとんどが宗教・宗派を問わない

無縁墓・無縁仏にならない

みんなと一緒に埋葬されるので寂しくない

管理の必要がない(掃除・草引きなど)

○ メリット

type 3

納骨堂(遺骨を埋葬しないお墓)

  • 新しい発想のお墓として増えている
  • 都市型のお墓として近年注目されている

将来的には「埋葬」を要する場合がある

△ デメリット

改葬(移設)が容易である

安価な維持費

交通の便が良い場合が多い

管理(掃除・草引きなど)の必要がない

○ メリット

type 4

その他(樹木葬・海洋散骨等)

樹木はやがて枯れてしまう

海洋散骨は費用が高くなる場合が多い

周囲の反感を買ってしまう場合が多い

△ デメリット

故人の意思を尊重できる

○ メリット

埋葬の基礎知識 ②

近年増え続けている永代供養墓

永代供養墓とは

一般的なお墓の管理システムとは異なり、継承者が途絶えてお参りする人がいなくなっても一定期間撤去されないお墓です。永代供養墓は「自分の代で家系が途切れる」(後々、お墓を守る子孫がいない)あるいは、「子供は転勤族」「子供は他の土地に住み着いてしまった」などの場合に有効であり、唯一「無縁墓」にならない仕組みのお墓です。

※ 但し供養という言葉が入っているからと言っても実際に供養が行われるとは限りません。

永代供養墓だけでは供養にはなりません!

一般的な永代供養墓では年に数度の「合同慰霊祭」などで供養を済ませてしまう場合がほとんどです。

本来「供養」とは「追善供養」のことです。

追善供養とは、お葬式後の忌日法要、初盆法要や年回忌法要・祥月命日法要などを実施しながら、毎日お仏壇に向かい故人の冥福を祈ることと言われています。

 

お墓の供養が本来の供養の在り方とはかけ離れている事に不安を覚える方が実に多くいらっしゃいます。

セルビスは、

供養に不安を抱える方々からのご意見を元に考えました。

 

セルビスが考えた

理想の永代供養墓

供養を大切にする人の「最善の選択」それが、合葬墓アマラ

毎日、二回、きちんと供養。

忌日法要、初盆法要や年回忌法要・祥月命日法要などのプランも充実。

 

お墓・埋葬・永代供養墓のご相談は

セルビスのお墓情報サービスは、お墓・埋葬に関するすべてのお悩みを素早く解決いたします。

 

最短で翌日にご自宅などにお伺いいたします。

ご相談はすべて無料、出張料金等をご請求することはありません。

まずは悩まずにお電話ください。

9:00〜18:00

072-258-2531

お墓情報サービス

(C)Selvice Group All rights Reserved

 〉 会社概要

 〉 個人情報保護方針

  •  

お墓の悩みは

生前にスッキリ解決!

 
 

あたなに最適なお墓(埋葬先)は?

埋葬の基礎知識 ①

お墓の分類

(いろいろなお墓)

type 1

一般的な石墓

(個人墓・家族墓)

  • 寺院や霊園などの「墓地」に建てる石製の墓標のこと。
  • 家族を埋葬する「家族墓」と個人専用の「個人墓」がある。

○ メリット

大きさやデザインなどを自由に設定できる

家柄を象徴することができる

親族の絆の要として機能しやすい

△ デメリット

費用が高額(平均150万円程度)

郊外で交通の不便な場所が多い

将来の移設(改葬)などが面倒

管理(掃除・草引きなど)が大変

type 2

合葬墓・合祀墓

(共同埋葬のお墓)

  • ほとんどが「永代供養つき」であり、永代供養墓とも呼ばれる。
  • 近年一番ニーズの高い、費用対効果を感じやすいお墓。

○ メリット

ほとんどが宗教・宗派を問わない

無縁墓・無縁仏にならない

みんなと一緒に埋葬されるので寂しくない

管理の必要がない(掃除・草引きなど)

△ デメリット

改葬(遺骨の取り出し)は不可能

先祖代々のお墓のイメージはない

type 3

納骨堂

(遺骨を埋葬しないお墓)

  • 新しい発想のお墓として増えている
  • 都市型のお墓として近年注目されている

○ メリット

改葬(移設)が容易である

安価な維持費

交通の便が良い場合が多い

管理(掃除・草引きなど)の必要がない

△ デメリット

将来的には「埋葬」を要する場合がある

type 4

その他

(樹木葬・海洋散骨等)

○ メリット

故人の意思を尊重できる

△ デメリット

樹木はやがて枯れてしまう

海洋散骨は費用が高くなる場合が多い

周囲の反感を買ってしまう場合が多い

埋葬の基礎知識 ②

近年増え続けている

永代供養墓

永代供養墓とは

一般的なお墓の管理システムとは異なり、継承者が途絶えてお参りする人がいなくなっても一定期間撤去されないお墓です。永代供養墓は「自分の代で家系が途切れる」(後々、お墓を守る子孫がいない)あるいは、「子供は転勤族」「子供は他の土地に住み着いてしまった」などの場合に有効であり、唯一「無縁墓」にならない仕組みのお墓です。

※ 但し供養という言葉が入っているからと言っても実際に供養が行われるとは限りません。

永代供養墓だけでは

供養にはなりません!

一般的な永代供養墓では年に数度の「合同慰霊祭」などで供養を済ませてしまう場合が殆どです。

本来供養とは「追善供養」のことです。

追善供養とは、お葬式後の忌日法要、初盆法要や年回忌法要・祥月命日法要などを実施しながら、毎日お仏壇に向かい故人の冥福を祈ることと言われています。

 

お墓の供養が本来の供養の在り方とはかけ離れている事に不安を覚える方が実に多くいらっしゃいます。

セルビスは、

供養に不安を抱える方々からのご意見を元に考えました。

 

セルビスが考えた

理想の

永代供養墓

供養を大切にする人の

「最善の選択」それが、

合葬墓アマラ

毎日、二回、きちんと供養。

忌日法要、初盆法要や年回忌法要・祥月命日法要などのプランも充実。

お墓・埋葬

永代供養墓

のご相談なら

072-258-2531

お墓情報サービス

9:00〜18:00

セルビスのお墓情報サービスは、お墓・埋葬に関するすべてのお悩みを素早く解決いたします。

 

最短で翌日にご自宅などにお伺いいたします。

ご相談はすべて無料、出張料金等をご請求することはありません。

まずは悩まずにお電話ください。