•  

    お葬式

    法事・法要

    介護・施設

    ライフサポート

    お墓・埋葬

    ペット供養

    供養

    仏壇・仏具

    相続

    遺品整理

    お問い合わせ

9:00〜18:00

 法務支援サービス

相続・遺品整理

072-258-2529

士業や業者の選び方から
実際の手続きや業務まで

相続と遺品整理のお悩みを

スピーディに解決します!

相続問題は、専門家に相談するのが「ソレ◎」です!

どこに最初に相談するの?

 

争いの可能性が全くないのであれば最初の相談は司法書士でしょう。ただし、相続の価値や額にもよりますが、税務対策は必ず必要になりますし、例えば不動産を相続した場合などは「不動産の再評価」のために土地家屋調査士や不動産鑑定士などを必要とする場合もあります。

また「相続の確定」をすべて引き受けてくれる司法書士と、確定後の手続きしか受けてくれない司法書士がいるので注意が必要です。

相続の専門家

役割の違い

トラブルを回避しスムーズな相続を進めるためには、相続問題に精通した相続問題の専門家に相談するのが一般的。ただし、弁護士、司法書士、税理士、行政書士のうち、どの専門家に何を頼めば効率よく相続手続きが進められるのでしょうか?

どうやって専門家や業者を探す?

 

相続の専門家と遺品整理業者の両方を併せ持つサービスがあれば理想なのですが、ほとんど存在しないというのが現実です。専門家が業者を、業者が専門家を紹介するのは当たり前のように存在しています。

ただし、両方を同時に相談できるサービスはまだまだ少ないのです。

相続の失敗、それは家族の絆の崩壊を意味します。

現在、遺産相続の問題に直面している方も、将来の遺産相続の問題に向けて考えている方も共通して言えることは「適正な処置で素早く対処することが大切」ということです。

遺産相続で失敗をした例、または遺産相続が原因でトラブルを招いてしまった例など、相続に関する悩みはあとを絶ちません。

そのような問題を回避するためにも自分自身でも遺産相続について多少の理解は必要です。

知っておきたいルールや対処法など、大切なポイントを見逃さないよう具体的にご紹介しますので、失敗を未然に防いでください。

相続で失敗しないための10ヵ条

1

遺産分割のルールを理解する

遺産を相続する人が必ずしも1人とは限りません。複数の相続人が存在する場合、当然ながら遺産を分配しなくてはなりません。

遺産分割でこじれるケースは少なくないため、遺産分割のルール(遺言書の有無、協議のポイント)を確認していただきトラブルを未然に防いでください。

2

法定相続の範囲・割合を理解する

公式に認められた遺言書で相続人の指定がある場合には遺言に従って指定された相続人へと財産が相続されますが、遺言書が無い場合には法律に基づいて相続人を確定しなければなりません。相続人として法律で認められている範囲を確認しなければ相続人を決定することができない以上、法定相続人の範囲について理解することも遺産相続における大切な要素となります。

3

相続トラブルは他人事ではない

裁判沙汰に発展する相続トラブルは、全体のわずか1%です。しかし、この数字は一定以上の遺産と複数の法定相続人が存在し、かつ調停申し立てまで発展したケースのカウントであり、氷山の一角にすぎません。一般的には10件に1件が、もしも相応の遺産があり複数の法定相続人が存在するならば5件に1件程度でなんらかのトラブルにつながっているとされています。

4

借金の相続に注意する

土地や建物、預金や保険金と同じように借金も遺産相続の一部として扱われます。

財産とはプラスもマイナスも全て含めて「遺産の範囲」と決められているので、当然ながらマイナスである借金も被相続人の遺産となってしまうわけです。借金に関しては被相続人が故人となる前に把握し、場合によっては相続放棄をする必要も視野に入れる必要があります。

5

連帯保証も相続される

被相続人が連帯保証人になっていた場合、相続人が遺産を相続する際に連帯保証人の役割も引き継がなければなりません。要するに、連帯保証人も借金と同様に遺産の一部として扱われるのです。

連帯保証人の権利を無理に解除することは不可能です。

相続を表明する前に、被相続人(故人)の借財を調査することが重要です。

6

不動産の相続は一番の難問

よくあるのが、相続した土地や建物を売却する際の「税率に応じた対策の相談」です。不動産はその目的や購入後の経過年数などによって譲渡税が大きく変わります。購入から5年以内の土地に対して39%、5年以上で20%に、さらに特例で10年経過すれば14%まで下がります。これを百も承知で売却をアドバイスし、不動産屋から報酬を得る司法書士や弁護士も少なくありません。

7

相続の承認に王道が存在する

相続の承認(相続の手続き)は被相続人が死亡してから3ヶ月以内に行わなければなりません。よほどいい加減な専門家に相談した場合を除いて、負の遺産が多いケースを見越して「限定承認」を勧められることになります。譲りうける価値よりも負債が多い場合には相殺して、結果のマイナス分は相続しないというものです。怖いのは、これを活用せずに後から負債が発覚するケースです。

8

相続人に借金がある場合

借金の返済に問題を抱えた相続人を交えて遺産分割の協議を行った場合、分配の振り分けに関係無く遺産は借金と同様の金額分だけ債権者(お金を貸した側)に差し押さえられてしまう確率が高くなります。借金に問題がない他の人からすれば大迷惑な事態で、分配協議が円満にいったのに結果的に不仲になってしまうようなことにならないように予め相続放棄などの対策が必要です。

9

相続税の節税(合法)を理解する

代表的なのが「生前贈与」です。実は相続トラブルによる家族の崩壊を避ける最も良い方法でもあるのにあまり活用されていません。「先祖代々のものだから」「地価が安い今は損だから」「自分が住んでいるから」などが主な理由です。実際は生前にある程度分配する方が有利なケースが多いのですが、その成果も相談する専門家のレベルで大きく変わってしまいます。

10

相談相手の選択基準を考える

遺産相続で最良の結果を導き出すためには相談する側と相談される側の関係性が良好でなくてはなりません。親身になって相談にのってくれる専門家であれば分野を問わず最善の処理を施すよう力を尽くすでしょう。もし、適当に処理する専門家であれば説明もそこそこでマニュアル通りの対応しか望むことができません。その結果「こんな方法なら誰でも良かった」ということになってしまいます。

遺品整理はひとつ間違えると

取り返しがつかない最悪の事態に!

悪質な遺品整理業者の実態

1

相続に必要な書類や証書が消滅!

よくあるケースとしては、古びたタンスの引き出しの奥の方に紛れてしまった有価証券の証書、仏壇の引き出しの間に落ち込んでしまった遺言書や登記簿謄本・債権証書類等、本来あるかどうかも遺族が理解していないようなものなどは「最初から無かったもの」で済まされる?B級遺品整理業者の場合、悪意がなくても気づかずに処分してしまう場合があります。

2

作業員による着服は日常的

例え軽度であれ、もしも故人が認知症を患っていたなら、意外な場所に大切なものが隠されていることを疑わなくてはなりません。冷蔵庫の整理をしていたら漬物のぬか床の中からビニールに入った札束や貴金属が出てきたなんてことも年にいくつか報告される事例です。アルバイトが出来心でポケットに…。信頼できる業者を探しましょう。

3

偽の鑑定士!!

作業中に家族の誰もが見たこともない指輪が出てきたとします。C級業者は「電話で鑑定人を呼びましょうか?」そしてルーペと白い手袋を持参で登場したその人物が一言「イミテーションですね、思い出の品として残しますか?イミテーションでも千円で買い取りましょうか?」決して乗っかってはなりません!その鑑定士、実はその業者の社長で指輪は時価25万円だった!実際にある事例です。

4

荷物の取り違え

手紙や写真、故人が大切にしていたものなどを後々家族でゆっくり仕分けようとダンボールにまとめてテーブルに置いて「これは捨てないで」と言ったのに、どこを探しても見当たらない。現場に不慣れなアルバイトが間違えて廃棄のトラックに積んでしまい、気づいたときには焼却場です。

「やっつけ仕事」をする程度の低い業者に注意してください。

5

高額な費用請求!

からなず見積もりをとってください。そして、なるべく追加の荷物やオプションを現場で追加しないでください。C級業者はこれを待っています!「前もって用意すれば費用は抑えられますが、当日はトラックの追加も緊急扱い料金です」といった場合や、「当日追加のタンスは解体が必要だった」といって、どんどん費用がふくらみます。打合せ時にわざと見落とす悪意のある場合もあります。

  • 正しい判断に自信がない?
  • 忙しくてあまり時間がない?
  • 遺品供養の知識がない?
  • 書類を探したい?
  • へそくりがあるかも?
  • 死亡届や各種手続きも大変?
  • 相続の問題も対策しておきたい?

どれかひとつでも当てはまるなら…

今スグ、私たちにご相談ください!

専門家が最適プランをアドバイスいたします!

遺品整理に必要なあらゆる「サービス」をすべてご提案できるのは南大阪・堺の相談実績が豊富なセルビスグループだからこそ。

 

あなたに最適な遺品整理の方法をご提案します。

 

他にも生前整理や遺言書、死後事務委任契約や任意後見契約などのご相談も承っております。

 

最短で翌日にご自宅などにお伺いいたします。

ご相談はすべて無料、出張料等をご請求することはありません。

まずは悩まずにお電話ください。

 

9:00〜18:00

072-258-2529

相続・遺品整理のお問い合わせは

法務支援サービス

(C)Selvice Group All rights Reserved

 〉 会社概要

 〉 個人情報保護方針

  •  

相続問題は、専門家に相談するのがです!

  • 1. 遺産分割のルールを理解する

    遺産を相続する人が必ずしも1人とは限りません。複数の相続人が存在する場合、当然ながら遺産を分配しなくてはなりません。

    遺産分割でこじれるケースは少なくないため、遺産分割のルール(遺言書の有無、協議のポイント)を確認していただきトラブルを未然に防いでください。

  • 2. 法定相続の範囲・割合を理解する

    公式に認められた遺言書で相続人の指定がある場合には遺言に従って指定された相続人へと財産が相続されますが、遺言書が無い場合には法律に基づいて相続人を確定しなければなりません。相続人として法律で認められている範囲を確認しなければ相続人を決定することができない以上、法定相続人の範囲について理解することも遺産相続における大切な要素となります。

  • 3. 相続トラブルは他人事ではない

    裁判沙汰に発展する相続トラブルは、全体のわずか1%です。しかし、この数字は一定以上の遺産と複数の法定相続人が存在し、かつ調停申し立てまで発展したケースのカウントであり、氷山の一角にすぎません。一般的には10件に1件が、もしも相応の遺産があり複数の法定相続人が存在するならば5件に1件程度でなんらかのトラブルにつながっているとされています。

  • 4. 借金の相続に注意する

    土地や建物、預金や保険金と同じように借金も遺産相続の一部として扱われます。

    財産とはプラスもマイナスも全て含めて「遺産の範囲」と決められているので、当然ながらマイナスである借金も被相続人の遺産となってしまうわけです。借金に関しては被相続人が故人となる前に把握し、場合によっては相続放棄をする必要も視野に入れる必要があります。

  • 5. 連帯保証も相続される

    被相続人が連帯保証人になっていた場合、相続人が遺産を相続する際に連帯保証人の役割も引き継がなければなりません。要するに、連帯保証人も借金と同様に遺産の一部として扱われるのです。

    連帯保証人の権利を無理に解除することは不可能です。

    相続を表明する前に、被相続人(故人)の借財を調査することが重要です。

  • 6. 不動産の相続は一番の難問

    よくあるのが、相続した土地や建物を売却する際の「税率に応じた対策の相談」です。不動産はその目的や購入後の経過年数などによって譲渡税が大きく変わります。購入から5年以内の土地に対して39%、5年以上で20%に、さらに特例で10年経過すれば14%まで下がります。これを百も承知で売却をアドバイスし、不動産屋から報酬を得る司法書士や弁護士も少なくありません。

  • 7. 相続の承認に王道が存在する

    相続の承認(相続の手続き)は被相続人が死亡してから3ヶ月以内に行わなければなりません。よほどいい加減な専門家に相談した場合を除いて、負の遺産が多いケースを見越して「限定承認」を勧められることになります。譲りうける価値よりも負債が多い場合には相殺して、結果のマイナス分は相続しないというものです。怖いのは、これを活用せずに後から負債が発覚するケースです。

  • 8. 相続人に借金がある場合

    借金の返済に問題を抱えた相続人を交えて遺産分割の協議を行った場合、分配の振り分けに関係無く遺産は借金と同様の金額分だけ債権者(お金を貸した側)に差し押さえられてしまう確率が高くなります。借金に問題がない他の人からすれば大迷惑な事態で、分配協議が円満にいったのに結果的に不仲になってしまうようなことにならないように予め相続放棄などの対策が必要です。

  • 9. 相続税の節税(合法)を理解する

    代表的なのが「生前贈与」です。実は相続トラブルによる家族の崩壊を避ける最も良い方法でもあるのにあまり活用されていません。「先祖代々のものだから」「地価が安い今は損だから」「自分が住んでいるから」などが主な理由です。実際は生前にある程度分配する方が有利なケースが多いのですが、その成果も相談する専門家のレベルで大きく変わってしまいます。

  • 10.  相談相手の選択基準を考える

    遺産相続で最良の結果を導き出すためには相談する側と相談される側の関係性が良好でなくてはなりません。親身になって相談にのってくれる専門家であれば分野を問わず最善の処理を施すよう力を尽くすでしょう。もし、適当に処理する専門家であれば説明もそこそこでマニュアル通りの対応しか望むことができません。その結果、「こんな方法なら誰でも良かった」ということになってしまいます。

  • 1. 相続に必要な書類・証書が消滅!

    よくあるケースとしては、古びたタンスの引き出しの奥の方に紛れてしまった有価証券の証書、仏壇の引き出しの間に落ち込んでしまった遺言書や登記簿謄本・債権証書類等、本来あるかどうかも遺族が理解していないようなものなどは「最初から無かったもの」で済まされる?B級遺品整理業者の場合、悪意がなくても気づかずに処分してしまう場合があります。

  • 2. 作業員による着服は日常的

    例え軽度であれ、もしも故人が認知症を患っていたなら、意外な場所に大切なものが隠されていることを疑わなくてはなりません。冷蔵庫の整理をしていたら漬物のぬか床の中からビニールに入った札束や貴金属が出てきたなんてことも年にいくつか報告される事例です。アルバイトが出来心でポケットに…。信頼できる業者を探しましょう。

  • 3. 偽の鑑定士

    作業中に家族の誰もが見たこともない指輪が出てきたとします。C級業者は「電話で鑑定人を呼びましょうか?」そしてルーペと白い手袋を持参で登場したその人物が一言「イミテーションですね、思い出の品として残しますか?イミテーションでも千円で買い取りましょうか?」決して乗っかってはなりません!その鑑定士、実はその業者の社長で指輪は時価25万円だった!実際にある事例です。

  • 4. 荷物の取り違え

    手紙や写真、故人が大切にしていたものなどを後々家族でゆっくり仕分けようとダンボールにまとめてテーブルに置いて「これは捨てないで」と言ったのに、どこを探しても見当たらない。現場に不慣れなアルバイトが間違えて廃棄のトラックに積んでしまい、気づいたときには焼却場です。

    「やっつけ仕事」をする程度の低い業者に注意してください。

  • 5. 高額な費用請求

    からなず見積もりをとってください。そして、なるべく追加の荷物やオプションを現場で追加しないでください。C級業者はこれを待っています!「前もって用意すれば費用は抑えられますが、当日はトラックの追加も緊急扱い料金です」といった場合や、「当日追加のタンスは解体が必要だった」といって、どんどん費用がふくらみます。打合せ時にわざと見落とす悪意のある場合もあります。